札幌で不動産をいち早く高く売却

不動産売却時の複数社とのやり取り

 

こちらからの連絡事項をメールで一斉にお知らせする様にしましたが、そのときの一例をご紹介致します。

 

〇送信メール1:面談の日時の相談

 

一括査定の登録後、メールでのご連絡に対し、面談の日程をメールですすめます。電話でのご連絡が多いですが、メールでもきます。

 

●面談1

 

売却理由を伝える。「高く売りたい」「早く売りたい」「転居時期の都合がある」等、理由により価格や広告の出し方に違いが出てきます。何を最優先するかを伝えて売却のプランを提案してもらいます。

 

〇送信メール2:面談のお礼と契約内容の報告

 

面談のお礼と契約内容をどれにするかの報告です。

 

●面談2

 

契約書を交わします。

 

●面談3

 

不動産会社から査定価格と売り出し価格の提出があります。メール添付で送付されることもあります。

 

〇送信メール3:査定の提出のお礼

 

売り出し価格と査定価格を出していただいたことに対するお礼の気持ちを伝えます。

 

〇送信メール4:売り出し価格の公表日を報告

 

売り出し価格と協力会社を公表する日にちを知らせます。

 

〇送信メール5:価格と協力会社の報告

 

売り出し価格決定の報告と協力企業の社名の報告です。
ちなみに財閥系など大手3社と地元企業3社でした。

 

〇送信メール6:売り出し物件購入の報告

 

購入希望者から申し込みがあったことをお知らせします。

 

〇送信メール7:売却契約締結の報告

 

売却契約を締結し、今回の活動は終了した旨をお知らせします。

 

これ以外にも購入者を紹介していただいた不動産会社のご担当とは個別に何度か面談の機会があります。